キャリーバッグを使う時に防水カバーは必要?防水のためのおすすめは?

普段使いのキャリーバッグの場合、雨が降ってきてもどこかに駆け込むとか、最悪ビニール袋をかぶせるなどして浸水を免れることが出来ます。

しかし旅行中などの場合、天気の予測がうまく点かないこともあります。

防水カバーを1枚、持っていきたいものですね。

特に防水カバーが必要なのは

キャリーバッグには大まかに分けて、ハード素材のものとソフトタイプのものがあります。

最も雨に強いのは、ハード素材でフレームタイプのものです。

昔のハードタイプは全部と言っていいくらい、開け閉め部分がフレームタイプだったものです。

これは非常に雨に強く、浸水の可能性が低いのです。

この反対に、ソフトタイプのキャリーバッグは水が染み込みやすいという問題があります。

素材自体には防水スプレーや撥水加工でかなりの改善か見込めますが、ファスナー部からの浸水の可能性があるのです。

近年では防水のファスナーも出来ていますが、まだ油断できない状況ですし、昔から愛用しているバッグだと昔ながらのファスナーですね。

またハードタイプのキャリーバッグも、近頃ではフロントオープン、バッグの正面側を開けることのできるものが販売されています。

このタイプのものはファスナーでの開け閉めになりますので、浸水には注意が必要です。

できれば旅行には防水カバーを

こうしたことから旅行、特に海外旅行のお供に1枚、防水カバーを入れておくことをおすすめしたいです。

いわゆるスーツケースカバーでも

普通にキャリーバッグ用のカバー、汚れ避けなどで使うカバーでも撥水加工など施されていれば、ある程度の雨までは問題なく使えます。

ただ撥水加工というもの、時間で劣化していきますので、旅行前には必ずスプレーなどで効果を高めておくことが必要です。

防水カバーという製品

普通のカバーではなく、防水カバーと名前のついた製品も販売されています。

防水ということに最も強いビニール製のものだと、浸水はかなりの割合で抑えられます。

ビニールと言うとすぐに破れてしまうのでは、と心配するかもしれませんが、素材によっては長く使えますのでその点をよく確認しての購入がおすすめです。

防水用のカバーを購入する時に

これらの防水用のカバーを購入する時に、素材以外でも気をつけていおいたほうが良いこともあります。

サイズをしっかりと確認

いくら性能の良い防水カバーでも、キャリーバッグとのサイズが合っていなくては役に立ちません。

ブカブカでは水が入ってしまいますし、きつすぎては一応何とか使えてもすぐに壊れてしまうこともあります。

サイズが丁度いいものがない場合には、気に入ったカバーでも手を出さないことがおすすめです。

固定できるものを

100均などで購入できる簡易型の、言い方は悪いですが使い捨てに近いようなビニール製のカバーの場合、上からかぶせるだけのものが多いですね。

これだと一応の雨が防げますが、キャリーバッグの底辺が何か段差で引っかかった場合、カバーもずれて下手すると取れてしまいます。

底辺部に固定するマジックテープなどついているものを選ぶようにして下さい。

キャリーバーと持ち手の部分にも注意

こうしたケースの場合、キャリーバーの部分はきちんと穴が空いているのが当たり前です。

しかしこの部分の穴が大きすぎると、そこから雨が流れ込んでくることになります。

かと言って小さすぎると、今度は無理にキャリーバーを出すことになってしまい、下手すると破れることにもなります。

穴の部分のサイズにも、よく注意したいですね。

また持ち手のハンドル部も出せる穴が空いているか、これ結構大事です。

段差や階段で手で持つ場合にすぐにハンドルが持てるか、これも確認しておきたいですね。

どうしてもキャリーバッグの内部の荷物を濡らしたくない

残念ながら、防水カバーだけだとスコールと呼ばれるような雨の場合、完全に雨からキャリーバッグを守ることは出来ません。

バッグ全体を何とかカバーできても、持ち手の部分やキャリーバーの部分から雨が流れ込む可能性があるのです。

もちろんカバーがあればそれだけで、ある程度の雨は防げます。

でもカバーであることによって、その内部は閉鎖されてしまうことになります。

一旦カバー内に浸水してしまうと、逆にそれが溜まってしまうこともあるのです。

なので最大の防御としては、キャリーバッグ内部に防水を施すことをおすすめしたいです。

特に面倒なことや難しいことはありません。

バッグ内の荷物、洋服とかとにかく濡れたくないものを、ビニール袋や大きなジップロックに入れ密閉してから、バッグに収納するだけです。

こうしておけば荷物の整理にもなりますし、もし浸水したとしてもかなりの割合で大事なものを濡らさずに済むのです。

カバーだけでは心配、と言う時にはこうした工夫もしてみて下さい。

まとめ

水濡れして欲しくない洋服など持っていく場合、やはりキャリーバッグの防水はできるだけしっかりとしておきたいものです。

そのためには防水カバーを使用することが最も勧められますが、その防水カバーを選ぶ時に注意しておいたほうがいいこともあるのです。

しっかりと防水して、憂いのない楽しい旅行にしたいものですね。