ベストなキャリーバッグを選ぶ時のポイントは生地と細部だった

せっかく買ったキャリーバッグがすぐに壊れてしまったら、お金が勿体だけでなく、中に荷物を入れるのが不安になってしまいます。

どうせなら、ぜひ長く使うために、どういったところを意識して購入するのがよいのでしょうか。

失敗しないキャリーバッグ選びのために、押さえておきたいポイントがあるのです。

おすすめなキャリーバッグのポイントとは防水の生地である

キャリーバッグは、外を持ち運ぶものであります。

そうすると、その時の気象条件によって、バッグにダメージを受けてしまうこともあります。

少しでもバッグを傷めないために、雨や風に強いキャリーバッグをチョイスするのがよいでしょう。

キャリーバッグの生地が防水なら安心度もアップする

キャリーバッグの生地には色々なタイプのものがあります。

そんな中で、せっかく新しく購入するなら、防水タイプのキャリーバッグを選ぶのがおすすめです。

旅行や出張などで出かけた際、雨が降らないとは限りません。

キャリーバッグはある程度の大きさがありますので、傘を差しても雨水があたることがあります。

長時間雨に濡れてしまうと、中身までダメ―ジを受けてしまうことでしょう。

キャリーバッグを探してみると、ショップやインターネットでは、様々なタイプのものが販売されています。

その中には、防水加工が施してあるキャリーバッグも沢山あります。

その品の紹介文などに防水と書かれているので、見つけやすいはずです。

カラーや大きさのバリエーションもあり、自分好みのものを見つけることができるでしょう。

撥水加工のキャリーバッグも優れものである

防水タイプのキャリーバッグもおすすめですが、水をはじくタイプの撥水加工のキャリーバッグも便利です。

水がキャリーバッグにしみこむことがなく、安心して使用できるでしょう。

撥水加工のキャリーバッグのポイントは、生地が水をはじいてくれるということです。

バッグの表面に水が留まって、じめっと濡れることがありません。

雨の日にキャリーバッグを使用した場合でも、そのまま室内に持ち込むことができます。

いちいちバッグをタオルで拭くといった手間も省け、便利な優れものと言えるでしょう。

防水カバー付きのキャリーバッグは統一感があっておすすめ

防水カバーがセットでついているタイプのキャリーバッグも、かなりおすすめです。

カバーをキャリーバッグにかぶせることで、中身を濡らしてしまうことはなくなります。

防水カバーは別売りで買うこともできます。

しかし、カラーや生地のタイプが異なってしまい、統一感がなくなってしまいます。

もともとセットで防水カバーが付いていれば、新たな出費もなくなりますし、キャリーバッグのファスナーや外側についているポケットなどに水が入ってしまう心配もなくなるのです。

頑丈なキャリーバッグは長持ちしておすすめである

キャリーバッグを選ぶなら、様々な部分が頑丈な造りとなっているものを選びましょう。

バッグそのものにはダメージがなくても、細部が壊れてしまって、使えなくなってしまうのも残念です。

今は様々な工夫が施されているものがありますので、自分のキャリーバッグの使う様子を考えながら、選んでみるのが大切です。

頑丈なキャリーバッグはタイヤがしっかりしている

常に外を持ち歩くキャリーバッグは、何かとダメージを受けやすいです。

そして一番最初に傷みやすいのが、タイヤなのです。

頑丈なキャリーバッグは、タイヤのサイズを大きくしたり、ダブルキャスタ―にしていて、少しでもダメージを軽減しているものがあります。

中にはタイヤに溝が入っていて、悪路でも持ち運びできるようなものもあり、どこへでも持っていくことができるでしょう。

そういうタイプのキャリーバッグは、ある程度の年数がたっても、びくともしないバッグです。

外で使用中に、まさかのタイヤがはずれる!といったトラブルも回避できるので、安心して使用できます。

更に、タイヤの数が多いものは、キャリーバッグの持ち運びが楽ということがあります。

タイヤの動きがスムーズになり、体にかかる負担を軽くすることもあるからです。

持ち手がしっかりしているキャリーバッグは長持ちする

キャリーバッグが壊れる時に、持ち手である部分から不都合が生じることがあります。

段々がガタガタしてきたり、キャリーバーの出し入れに不都合が生じたりするでしょう。

おすすめのキャリーバッグは、持ち手やキャリーバーがしっかり作られているものです。

この部分が破損してしまうと、バッグ自体はまだまだ使えそうなのに、結局は廃棄せざるを得なくなっていまうからです。

キャリーバーが太目でしっかりした造りだと、キャリーバッグを引っ張る時にも腕に重さがかかりにくかったりします。

バッグに負担がかからないような設計になっているものは、持ち運ぶ人間にも負担が少ないのです。

長持ちするキャリーバッグを選ぶなら、ぜひ持ち手とキャリーバーにこだわってみましょう。

まとめ

キャリーバッグは、巷ではずいぶん沢山のタイプのものが販売されています。

しかし、長く使うのに適したバッグには、いくつかおすすめのポイントがあるのです。

自分のために、しっかりとそれを意識して、ぴったりなキャリーバッグを選ぶようにしましょう。

そうすれば、長く使うことができるはずです。