良いキャリーバッグ選びは良いキャスター選びが一番重要なその理由

あなたはキャリーバッグをどんな基準で選んでいますか?デザインでしたり素材であったり、人それぞれ様々な基準があるかと思います。

しかし何よりもキャスター選びはとても重要です。

いくらデザインが素晴らしくても、素材に高級感があってもキャスターが壊れてしまっては使い続けるのは困難です。

良いキャスター選びの観点からあなたが選ぶべきより良いキャリーバッグを紹介しましょう。

良いキャスターの見極め方

普段何気なくキャリーバッグを選んでいて、どのポイントで良いキャスターだと感じているでしょうか?良いキャスターと判断する材料として2点、耐久度と傾けた時の許容角度があります。

耐久度

キャスターはキャリーバッグを長く使うために重要な要素。

その判断基準として最もわかりやすいのが車輪の大きさです。

車輪の原理として、大きいものは回転が少なく済みますし小さければ回転が多くなります。

キャスターが壊れる原因としては摩擦の回数が増える事による消耗ですので、車輪が大きければ壊れにくいという事が言えるのです。

加えて大きい車輪であれば小さい力で動かすことが可能ですので、お年寄りやお子様でも楽に移動できるという利点があります。

許容角度

キャリーバッグを傾けた時に車輪を垂直に保ったまま走行できるようにキャスターを設計されているのですが、この角度に注目しましょう。

目安としては45度を超える角度にしても正常に走行できるかです。

最近のキャリーバッグは角度をかなり低くしても走行できる高性能のものが増えておりますので、ぜひ確かめてから購入してみてください。

2輪と4輪のキャスター選び

キャリーバッグのキャスターを見ると、2輪のタイプと4輪のタイプがあるのに気づくかと思います。

実はそれぞれにメリットがあるのをご存じでしょうか?それぞれの特徴を紹介してみましょう。

2輪キャスターのメリット

まず耐久度の高さは2輪の方が上です。

キャスター自体が大きく設定されているタイプが多く、固定されている事から本体が左右に振られにくく壊れにくいのです。

そしてキャリーバッグの種類にもよりますが、2輪キャスターの場合は本体に内蔵されたような形で搭載されているタイプがあり、突出している部分が少ないため飛行機に搭乗する時によくあるキャスター部の破損にも耐えやすいという一面があります。

次にデコボコ道にも強いのが2輪キャスター。

キャスターが固定されており一つの方向に進め為安定走行に長けています。

例えばヨーロッパに多い石畳の舗装にも安定走行が可能ですし、悪路であっても中の荷物にも衝撃が伝わりにくいというのも魅力の一つです。

加えて電車内でも2輪であれば勝手に動くことなく抑えていなくても安心です。

さらに底に厚みを必要としない形状になりますので、見た目もスッキリしたイメージとなりコンパクトなデザインを実現させています。

4輪キャスターのメリット

4輪キャスターの場合は自在性が抜群という点です。

付いているキャスター自体が360度回転しますので、力を必要とせずスムーズに走行させることが出来ます。

空港内の移動や都市部でアスファルトがしっかりしている路面の場合には、2輪との差はかなりのものです。

さらに小回りの自由度の高さにも定評があります。

やはりキャスターの動きが自由な分、人混みを避けて通る際や狭い場所を通る時にはかなり重宝するでしょう。

2輪と4輪それぞれに適した用途

各々にメリットを紹介しましたが、実際にどのように使い分けるべきなのでしょうか?2輪キャスターの場合はお子様や、悪路の多い場所へ旅行をする方におすすめです。

また、荷物に衝撃が伝わりにくいという意味ではパソコンを入れて移動するビジネスマンもこちらが良いでしょう。

一方で4輪キャスターは都市型の旅行におすすめ。

荷物が多い方も悪路を通らないのであれば断然移動の時の疲れが違います。

最近増えているダブルホイールについて

近年になり4輪のダブルホイールを採用しているキャリーバッグが増えています。

これは安定走行度をさらに高めるというメリットがあり、ややバッグ自体の重さは増すものの都市部ではより能力を発揮できるでしょう。

人気のキャリーバッグをチェック

以上を踏まえたうえで人気のキャリーバッグを見ていきましょう。

まずはグリフィンランド(GRIFFIN LAND)です。

4輪キャスターを採用しており、女性でも簡単に運べる軽量感で人気となっております。

価格もリーズナブルですし、色彩も14色と豊富に選べるのが嬉しいですね。

2輪タイプではプロテックス(PROTEX)がおすすめ。

頑丈さがウリの日本のブランドであり、精密機器も輸送可能な堅牢性は他を圧倒。

硬派なデザインはSF好きな男性にはたまらない品です。

もう1つはキャスターに特化したものとしてイノベーター(Innovator)を紹介します。

スウェーデンのインテリアブランドで、ボディはスウェーデン国旗がモチーフで特徴的。

4輪キャスターでその静音性の高さはトップクラスと言われているものです。

まとめ

キャスターに着目してキャリーバッグについて紹介してまいりました。

普段はどうしてもデザインや機能性のみで選びがちですが、旅行計画や荷物の内容を元にしてキャリーバッグを選ぶというのも大切だと感じていただけますと幸いです。

次の旅行や出張は2輪キャスターにするか4輪キャスターにするべきか、ぜひ参考になさってください。